エステティックTBCのペナルティって厳しい!?

 

長い脱毛期間のあいだには、体調不良や急用によって予約した日にサロンに行けないという状況になることもありますよね。

 

ですが、そんなときには、通常のケースでは「ペナルティ」というものが発生してしまいます。

 

それぞれの脱毛サロンによって、キャンセル料だったり施術回数の消化だったりと、ペナルティの内容はさまざまです。

 

では、エステティックTBC場合、ペナルティのしくみはどのようになっているのでしょうか?

 

 

先にお話をしてしまうと、エステティックTBCは、遅刻やキャンセルに対してかなり厳しめの脱毛サロンです。

 

なので、どのような場合にペナルティが発生するのか、事前にきちんと把握しておきましょう。

 

 

エステティックTBCにおけるペナルティのしくみ

 

遅刻の場合

 

エステティックTBCで10分以上の遅刻した場合は、その日の予約は当日キャンセル扱いとなってしまいます。

 

ですから、店舗には十分に時間の余裕をもって向かうようにしましょう。

 

 

当日キャンセル・無断キャンセル

 

当日キャンセルや無断キャンセル、そして上でお話した10分以上の遅刻の際には、キャンセル料がかかってしまいます。

 

エステティックTBCでは、キャンセル料を3,000円に設定しています。

 

これは他の脱毛サロンと比べてもかなり高めですので、当日キャンセルは絶対に避けるようにしたいですね。

 

 

ペナルティを受けないようにするには?

 

ペナルティを受けずに済むキャンセルの期限は、予約日の前日17時までです。

 

この時間までにお店に連絡を入れれば、キャンセル料はかかりません。

 

なお、キャンセルは電話のみで受け付けているので、わかった時点ですぐに電話するようにしましょう。

 

 

 

 

エステティックTBCのペナルティは、このようになっています。

 

他のサロンと比べても、キャンセル料金が高めですね。

 

また、ペナルティなしのキャンセルの期限も、他の脱毛サロンと比べるとやや早めな印象を受けます。

 

 

このようにペナルティに厳しいエステティックTBCですが、サロンが分からしてみれば当日キャンセルとなればその時間がぽっかりと空いてしまうことになります。

 

本来他の方の施術に回せる時間が空白の時間になってしまいますので、厳しいペナルティも仕方がありませんね。

 

 

ペナルティを受けてしまうようなキャンセルをしないように、日ごろからスケジュール管理をしっかり行うようにしましょう。

 

 

エステティックTBCにはどんな口コミがあるの?